武庫川渓谷 アドベンチャー・ハイキング



このゲームのスタートは、大阪駅から約45分の生瀬駅。
行楽シーズンともなるとハイカーが集まってくる。
途中、トイレが無いらしい。改札を出る前に借りておこう。

駅から15分程度歩くとコースの入り口に到着する。
ここには、「ハイキングコースではありません。
落石や倒木が発生して危険です。」と警告する看板がある。
皮肉にもこの看板が入り口の目印になっていた。
北山第1トンネル 枕木 出口 左は崖道 崖道にある落盤事故跡? 落石注意の警告
武庫川渓谷の清らかな流れを眺めながら歩くと、
最初のトンネルが現れる。川沿いの崖道も歩けるが、
ここはトンネル内のコースを進むことにした。
照明が一切無い真っ暗な中を懐中電灯の灯りを頼りに進むと、
突然、障害物につまずいた。枕木だ。
ここは15年前まで列車が走っていた廃線跡である。
枕木を踏み外さないようにトンネルの中央を慎重に進むが、
この先、新たなトラップが潜んでいた。前方が明るくなって一安心。
足下を気にする必要が無くなってホットした瞬間、
目の前に何やら得体の知れないものが・・・。
トンネル出口の上部から数匹の毛虫がぶら下がっていた。
上から毛虫が・・・ 所々に大岩が 謎の入り口 ここにも入り口が 北山第2トンネル
渓谷には、所々に上流から流されてきたと思われる大きな岩があり、
川の流れが渦巻いたり、滝のようになって激しく流れているところがある。
枕木を気にしながらも、自然が織りなす造形美を楽しみながら進む。
途中、2カ所ほどに人一人が通れるくらいの入り口が目に入った。
トラップかもしれない?。やり過ごして二つ目のトンネルに着いた。
このコースには全部で六ヶ所のトンネルがあるが、ここが最も長く
約400mあるらしい。入り口で「謎の白いひも」をゲット。
この先何か良いことがあるかもと考えながら、懐中電灯を取り出して先に進む。
トンネル内には冷気が漂い、ヒンヤリした風が吹き抜けている。
このトンネル工事では何人もの方が命を落としているらしい。
トンネルは途中でカーブしているようだ。突然、小さな灯りが現れ、
揺れていることに気がついた。火の玉か?・・・
と、思ったらコースを逆に歩いてきたハイカーの灯りだった。
外された枕木 残された金具 天井から血が・・・ 下りたらキケン? 飲まなかったわき水
わずかの灯りに浮かび上がった人影は女性?。
ドキドキしながらすれ違った瞬間に・・・
「こんにちは〜」挨拶を交わしながら、
足 あったかな?と考えていると、足の裏に激痛が・・・。
厚底のシューズを履いていて助かったが、
枕木に、レールを取り付けていた金具が残されているらしい。
しかし、トラップはこれだけでは終わらない。
前方で「キャー」という悲鳴が聞こえた。
慎重に進むと、私にもその災難が襲ってきた。なんと、天井から血が・・・。
ではなくて、雨水がしみ出していただけだった。
コースには、途中に何カ所か河原へ下りられる場所があり、
適当なポイントを見つけて、昼食をとることにした。
また、
わき水もあり、飲めるらしいが控えておいた。
ジャノメちょう? クズ(葛)の花 わかりませ〜ん ツユクサ トンネル?
小さな蝶や可憐な草花の歓迎を受け、短いトンネルをくぐって進み、
三つ目のトンネルもクリアーした。

トンネル
を出ると、目の前に錆びた鉄橋が現れた。
ハイカーは鉄橋に設けられた点検用の側道を歩くことになるが、
足下のすき間からは武庫川の激しい流れが見える。

人がやっとすれ違える程度の道幅だ。
強風が吹くと足を滑らせて転落の悲劇に見舞われそうだ。
ここは早足で通り抜け、四つ目のトンネルへ。
延々と続く枕木道 横溝尾トンネル トンネルだ!鉄橋だ 狭い測道 長尾第1トンネル
トンネルを出て少し歩くと、右手にトンネルの入り口跡らしい
アーチ状の石積みが目に入った。
ここは日陰でヒンヤリした空気が漂い、休憩には絶好のポイントだ。
腰をかけるのにちょうどよい数個の小岩もある。
ただ、何故か1個の小岩に花束が供えられていた。
先に進むと、最近整備された「桜の園」にたどり着いた
謎の入り口 桜の園 長尾第2トンネル 長尾第3トンネル 武田尾駅
このゲームのゴールには、武田尾温泉があり、
時間内にゴールすると温泉に入ることができる。先を急ぐことにしよう。
トンネルはあと2カ所、トラップにも慣れ、順調に進んでいたが、
最後のトンネルに入るころに雨が降り出し、出口に来てみると、
どしゃ降りになっていた。
しかたなく数名のハイカーとともに小降りになるのを待つ。
タイムアウトまであと3分。たどり着けない・・・残念。
このゲームに、貴方も参加してみませんか?。
桜のシーズンに花見を兼ねてご一緒しましょう!。

武田尾駅から「桜の園」の間は、整備されて、
お弁当を広げられる広場やトイレもあり、
小さな子供でもゲームに参加できますよ!