以前、父親から紀州街道を岸和田から堺まで自転車で走ったことがあると聞き、何時か歩こうと思ってました。
この正月、初詣を兼ねて住吉大社から岸和田まで歩いて帰ることにしました。

8時45分 住吉大社 石鳥居正面の交差点をスタート。街道に沿って阪堺線の路面電車が走っています。
しばらく歩くと線路は左側に分かれいきます。住吉区の御祓橋に紀州街道の案内板がありました。
住之江区の顔(マンホール)はカラーでした。

9時 安立町の商店街入り口にチョット古めの建物がありました。案内板は要所に立っているようです。
9時12分 大和川に到着。大和橋からは二上山がかすかに見えていました。
堺市に入ってすぐに立派な道標がありました。力の入れ方が違うようです。街道沿いにとレトロな建物が
点在し道標と案内板が立てられていました。 9時34分 堺市綾之町着。
寄り道して綾之町東商店街を歩いてみました。
40年くらい前、ここに祖父の家があったので、
正月になると、よく遊びに来ていました。
かどの洋装店。昔は和菓子屋さんでした。
紀州街道に面していたんだ。
綾之町の交差点から道が急に広くなり、阪堺線が
真ん中を走っています。
この道は真っ直ぐに約2.5キロ続き、レトロな建物
が点在していました。

堺刀司 包丁屋さん。

チョット寄り道して
お墓参り。
安永六年(1777年)の道標と街道を紹介した
現在の案内板。
ここから五つの街道が延びていました。
堺市の顔。デザインが色々あるようです。

10時44分
石津大神社前を通過。
諏訪の森のぼてじゅう

11時13分 浜寺公園駅前を通過。
この当たりは、しばらく自動車道歩きです。

羽衣で見つけた丸ポスト


11時40分 高石神社
立派な紀州街道の案内
板でした。
この当たりは、旧街道が
残っていました。
右は旧街道
左は大阪和泉泉南線
軒を支える金具。
名前は解りません。
泉大津の顔

12時11分
田中本陣前を通過。
紀州徳川家の本陣だった
そうです。
紀州街道の案内板。
泉大津の史跡案内も
ありました。
12時33分
田中町のだんじり小屋
商店街の顔はカラー
でした。
レトロな建物は喫茶店

12時54分。大津川。

河原に日本列島が
ありました。
忠岡町 道之町
だんじり小屋
この当たりも古い建物が
ありました。
岸和田 大道町の
だんじり小屋
岸和田 弥栄神社

だんじり専用の停止線。    大小路町の自販機。
岸和田には各町に、だんじりのはっぴを着た自販機
があるそうです。へぇーぇー。
13時30分
春木南のだんじり小屋

13時35分。春木川。
やっとたどり着きました。

大阪市内から紀州街道を南へ約19キロ 4時間50分のウォーキングでした。
2年前に岸和田から貝塚まで紀州街道を歩きましたが、いずれ、和歌山まで歩きたいと思っています。