高野山町石道 大師が歩いた道 2004年12月12日



       この春から始めた遍路道ウォーキング。夏までに二十三番 薬王寺まで巡り終え、
       秋の連休を利用して室戸岬越えを計画したのですが、台風接近や出張が重なり、
       結局「修行の道場」高知県に入ることが出来ませんでした。

       四国に渡るのは来春までお預け。初冬の一日 大師が歩いた道を訪ねてみました。

  なんば駅発7時0分の急行に乗って8時6分に九度山駅着。下車したのは私を含めて3人だけ。
  途中、朝日に映える紅葉?を眺めながら慈尊院へ。お参りをしたあとトイレを借りて出発。この先、
  トイレは、60番目の矢立までありません。180番目の町石は石段の途中にありました。8時45分。

  参道は里の墓地や竹林、ミカン畑や柿畑の中を縫いながら登っていきます。

  途中、ミカンの無人販売所があったので、買ってみました。100円で極小のミカンが12個入り。9時20分。
  チョット乾きかけたのどを潤してくれました。もう一袋買おうと思ったのですが、荷物になるので
  あきらめました。来年は、根本大東から下って買い込もうっと・・・。

  136町石の六本杉で先を歩いていたハイカーに追いつきました。ここで、チョット休憩。町石は参道の
  すぐそばにあったり、林に中にあったりで様々、うっかりすると見落としそうな場所にあったりまします。
  二つ鳥居の120町石でやっと三分の一。10時40分。

  ゴルフ場の横を抜け、雑木林の中をひたすら歩きます。途中、ラーメンとおにぎりで昼食。おにぎりが冷たく
  なっていたので、ラーメンのスープに入れて特性ラーメンライスのできあがり。冬場はこれに限るかな?。
  60町石の矢立に着いたのは12時27分。

  急さかを登って車道と交差するところにトイレの案内板があり、その裏に40町石がありました。13時5分。
  くま注意。ウソでしょう。町石道の途中には全く表示がなかったのに・・・。この先、町石道を歩いたのに
  町石が見あたらずウロウロと探したら、大師もビックリ、39から37町石は車道に沿って立っていました。

  40から9町石の間は工事中とのこと。途中に朽ちかけた木の橋があり、取り替え工事をやっていました。
  24町石は二股を右に進みます。21町石は半分埋まってました。9町石を確認したあと、8町石と7町石を
  見つけることが出来ず大門に着いてしまいました。雲行きが怪しいので探すのは残念。14時23分。

  6町石は大門のトイレ前。3町石は交差点。丸ポストは2町石の先。1町石は壇上伽藍手前の柵の中。
  根本大塔に到着。14時39分。約21.5キロ。6時間33分の町石道歩きでした。
  「南海そう快 ハイキングMAP 高野山町石道コース」は参考になりました。

  来年は、根本大塔から180町石を目指して下ってみようっと。また、違った発見があるかも・・・。