花の名山 白山 バスツアー 2003年8月14日〜15日


山歩きを再開して3年目、ついに2000mを超える山に登りました。
名神での渋滞が影響し
14時半頃に別当出会
に到着。
全員バスの車内で雨具
を着用して小雨の中を
出発。
砂防新道を歩いて50分
で中飯場に到着トイレ
休憩。
雨宿りするところが
少ないので全員立った
ままの休憩でした。
「別当覗」ではガスで
あまり見えませんでし
た。

黄色のレインウェアが
JTBの添乗員さん。
南竜分岐から南竜道に
ニッコウキスゲの群落
があり全員感動。
6時過ぎに南竜山荘へ
到着。
標高2085m。
翌朝5時まだ薄暗い中
を出発。
雨は上がっていました。

ご来光コースだと出発
はもっと早いとか。
エコーラインの中程で
朝食。
この方がFガイドさん
山歩きのコツを教わり
ました。

シートを広げ、みんな
で食べたいところです
が、この辺り一帯は
お花畑で立ち入り禁止
でした。
7時に室堂に到着。
ここで荷物を置いて
身軽になって山頂へ。
赤紫のレインウェアが
Mガイドさん。
山頂へ向かう登山道。
本来なら休憩なしで登
るそうですが、女性陣
の強い要望で小休止。

山頂は登山者で満員。
標高2702m。
愛用のプロトレックは
2705mを示してい
ました。
みんなで記念撮影。
山頂からの眺めはご覧
のとおり、残念ながら
視界が悪くアルプスは
おろか隣の峰も見えま
せんでした。
お花畑の中を下山。

室堂のお花畑でクロユリとご対面。
雨の中、ここまで登った甲斐がありました。
この花の名前
忘れました。




帰りは弥陀ヶ原から
黒ボコ岩へ。
この辺りは落石事故が
多いとのことでガイド
さんの話を真剣に聞い
ていました。
砂防新道の途中で
トリカブトを見つけた
のですが狭い登山道で
立ち止まることも出来
ず、撮影を残念。
この花は?です。
揺れる吊り橋を渡って
別当出会へ到着。
無事下山しました。


別当出会休憩舎の告知
板に止まっていた
アサギマダラ。
大きな羽を広げて優雅
に舞っていました。
下山してしばらくする
と日差しが出てきまし
たが、山腹から上は、
相変わらず雲の中。


  今回、二人のガイドさんに案内して頂きましたが、一人の方が
   「囲炉裏村」 の中で 「村のお花畑」 を担当している方でした。
  もう一人の方は、スポーツ生理学の専門家で、為になる話しを
  聞くことができました。
  ツアーに参加するときはガイドさんの近くを歩くのがお薦め。