泉南 飯盛山 地元再発見 2003年6月8日


今日は休足日の予定でしたが、あまりにも天気がよいので、
ワンコイン(500円)で行けるところを探していたら、
岬公園から直登できる飯盛山を発見、早速チャレンジしました。
登山口に密生していた
下草(シダ類?)
少し登ったところで
ヒョウモンチョウが
出迎えてくれました
一輪だけ咲いていた
ユリ。誰かが植えた
のでしょうか?
40分ほどで飯盛山が
よく見える広場に到着
炎天下の尾根道を歩く
こと40分。ようやく
山頂に到着。
山頂からは360度の
展望が開けていました
東側には紀泉高原の
山々が連なっていま
した
小さな白い花が下向き
に、無数についた木を
発見。なんだろう?
札立山を経て雲山峰へ
の縦走路分岐。
足下に咲いていた小さ
な花。
名前はわかりません。
真っ赤な実?
なんだろう?
約2時間かかって山麓
の孝子観音へ到着。
途中、オバサンの二人組、岸和田から来ていたおじさん、それに、
20人くらいの団体さんと、意外と多くの人々に出会いました。
それにしても、思ってたより歩きがいのあるコースで、炎天下の
尾根歩きでバテ気味でしたが、静かな山歩きが楽しめました。

孝子駅は無人駅で売店も無く付近に自販機もありませんでした。