故郷の富士 有馬富士
2002年12月15日


穏やかな冬の1日 家で過ごすのは もったいない。
そうだ 富士山に登ろう。JR三田からバスで成谷口下車。
新しくできた自動車道を通らずに北側の小道を通って虫尾集落へ。

松原から望む富士山 湖畔から望む富士山

この一帯は、公園になっていて、1日ゆっくりと遊べそうです。
ただ、売店や飲料水の自販機が無いようで目に付きませんでした。
時期が悪かったのでしょうか?

この富士山は標高374mで本物の1割くらい。
でも、山麓には湖や樹海もあって立派な故郷の富士です。

不思議な山並み 山頂へ

湖畔から東の方に見えた不思議な山並みの羽束山です。
秋に登って頂上から紅葉に染まる有馬富士を眺めました。
ただ、この時はデジカメを忘れたので目に焼き付けました。

山頂へは、この階段と岩場を登る必要がありますが、
ちびっ子の遊び場程度で、気をつけて登れば直ぐに頂上でした。

富士山頂? 山麓の福島大池

山頂からの眺めは、木々に阻まれて良くありませんが、
山麓には富士一湖?と魔の樹海が広がっていました。
本物を意識して造っているのでしょう?。

山麓の樹海から霊気が・・・ 山麓の町 虫尾

下山は南側の岩場と樹海を迷いながら下りてきました。
森林公園内には休憩場所やトイレがあるのですが、
富士山頂や登山道にはトイレはありませんでした。

帰り道、虫尾郷の石碑を記念に1枚。
バスの待ち時間が30分ほどあったので、
三田駅まで歩きましたが、
途中、歩道の無い区間があるので、
行き交う車を気にしながらのウォーキングでした。


今年の9月に須磨アルプスを歩きましたが、
故郷のアルプス巡りに加えて、故郷の富士巡りも
始めようと思ってます。 皆さん ご一緒しませんか?