住塚山・国見山 縦走  2002年11月3日 
以前から挑戦したいと思っていた室生の山々。

大阪からだとアプローチが長く、きついな〜と思っていたのですが、
「中高年 歩こう会・登ろう会」というサークルの方からお誘いがあり、
1000m級の2山を制覇できました。
角さん、猫ちゃん、なべ(私です)の3人行です。

角さんの車で名張駅を出発したときには、まずまずの天候でしたが、
屏風岩公苑の駐車場に着いたときには、小雨が・・・。
「屏風岩」の見学は後回しにして、早速、屏風岩の上を歩くコースへ。
ところが、いきなりの急登が待っていました。
しかも、角さんのペースが・・・早い!。ついていくのがやっとでした。
住塚山山頂 紅葉はこれから? 角さんと猫ちゃん
雨だったこともあって、写真を撮ったのは住塚山の山頂のみ。
前日に雪が降ったようで、わずかに白いものが残っていました。
眺望もないし、雨も降り続いていたので、小休止後、国見山へ。

国見山の山頂でおにぎり1個の昼食。
何とか雨は止んでいましたが、ここでも眺望はイマイチでした。
猫ちゃんから戴いたスープとコーヒーで体を暖めて下山。
相変わらずの曇り空 東海自然歩道 わずかに青空が・・・
クマタワへの道は植林地の中を、ひたすら歩きます。と言うよりも、
丸太階段の上り下りの連続で、デジカメの出番はありませんでした。

クマタワから東海自然歩道へ入って屏風岩へ戻るコースは、ほぼ平坦で
歩きやすく、雨も止んだのでデジカメを構える余裕が出てきました。
紅葉にはチョット早かったのですが、印象的な紅や朱をパチリ。
紅葉と黄葉 印象的な朱 絶壁の?山
コースも終盤に入った辺りで、ふと振り返ると、曽爾高原が遠くに。
曇っていましたが、あの特異な景観を見ることが出来ました。

天然記念物の屏風岩を見学し帰途へ。
植林地をひたすら歩く 曽爾高原 遠望 屏風岩
名張駅までの道は、鎧岳と兜岳の雄姿、香落渓のチョット早い紅葉と、
最高の眺めでした。

1000m級の2山制覇と名所、観光地巡りが楽しめる、本当にお得な
山歩きでした。角さん 猫ちゃん ありがとうございました。

屏風岩公苑の駐車場は無料でしたが、シーズンには満車になるかも。
それと、名張への道は1車線でバスの行き違いも大変そう。
思わぬ渋滞に巻き込まれることも・・・。