中山最高峰−大峰山縦走 2002年10月27日
1月に中山最高峰、6月に大峰山と、それぞれ単独で登りましたが、
二つの山を縦走する人が多いと聞き挑戦しました。

11時に阪急清荒神駅を出発。人出はチョット少なめでしたが、
相変わらず縁日のようなにぎわいでした。
駐車場からハイキング道にはいるところで、甲山が見えたので1枚。
参道は縁日のにぎわい 可愛らしい姿の甲山

少し登ったところで、もう1枚。宝塚の市街地がよく見えました。
登山道は、かなりすべりやすく、雨水が流れて溝状になっていました。
しばらく登って振り返ると、やっぱり甲山が見えていました。
そして、その向こうには、大阪湾が輝いていました。

1時間半かかって、ようやく中山最高峰に到着。
山頂では大勢のハイカーが昼食をとっていました。
私も北摂の山々を眺めながら、コンビニで買ったおにぎりをパクリ。
山頂から見えた尖った山。何という山でしょう?
方角がわかれば見当を付けられるのですが・・・。
六甲連山の東端 輝く大阪湾 あの尖った山は?

大峰山への道はハイカーも少なく、静かな道が続いています。
山頂は展望がほとんど無かったので、写真も撮らずに通過。
桜の園を経て武庫川渓谷の廃線跡に辿り着きました。

今日の教訓
山に行くときは、地図とコンパスを忘れずに!
カシオのプロトレックを買うことにしました。