静寂の虚空蔵山 2002年10月14日
    JR藍本駅下車、線路沿いを少し戻って虚空蔵山への道に入る。
    畑の向こうに見えるピンクの花は、多分コスモスでしょう。
    舞鶴自動車道のガードをくぐって登山道へ・・・。
    うっそうとした沢筋の道をひたすら登り、虚空蔵寺へ。
    ここまで、ハイカーは私一人。静寂そのものでした。
    小休止後、岩場の多いコースを山頂へ。
    板状の石が重なって出来た岩は今にも剥がれ落ちそう。
    にわか鉱物学者になって、観察しながらやっと頂上へ。
    山頂からは、立杭、三田、そして北摂の山々が見わたせました。
    コンビニのおにぎりが、いつもより美味しく感じました。
    下山コースは、北上して草野へ出るコースもありますが、
    時間と体力を考えて、藍本へ。

    飲み物の自販機はあるものの、売店はありません。
    トイレも駅にしかありません。