四国遍路 同行二人 天平の面影残す讃岐国分寺


    

    


13時47分 山門を出て東に向かい、JR予讃線沿いに歩き、鴨川駅付近で川を渡って国道11号に
出ます。遍路地図では川沿いを歩くようになっていますが、アイスが食べたくなったので、ルートを
変えまて、国道にあるコンビニに寄ることにしました。

国道歩きは日陰がほとんど無く、5月とはいえ四国の日差しは歩き疲れた体に応えます。コンビニで
アイスと冷凍のペットボトルを買って備えることをお奨めします。

15時45分 国分寺着。仁王門を入ると八十八ヶ寺の石仏が並ぶミニ八十八ヶ所巡りがありますが、
一先ずは、真っ正面にある本堂へお詣りし、右手にある大師塔へ向かいます。大師堂は参拝殿の
中にあり、納経所と売店が一緒になっています。参拝殿内で写真を撮っていると、目の前の柱に撮影
禁止の張り紙が・・・。3枚ほど撮ってしまいました。

お詣りを終えて境内を散策していると韓国の男性と再開。今夜の宿を探しているとのこと。最寄りの
民宿は満員のようです。

16時14分 仁王門を出て1キロほど離れた宿へ向かいます。