四国遍路 同行二人 伊予路最後の札所 三角寺


                                                       


4月28日 仕事を終えて支度をし、大阪南港22時30分発のオレンジフェリーで愛媛の東予港へ。
無料バスで西条まで移動、JRに乗り換えて伊予三島に8時2分に到着。待合室で白衣に着替え、
今回の遍路道ウォーキングを始めます。

9時2分 50分弱で戸川公園に到着、ここで5分ほど休憩。この先遍路道は住宅街を抜けて徐々に
登り坂になり、山道を歩いて1時間ほどで三角寺に到着しました。

駐車場から長〜い石段を上りきったところに、山門があります。ここの山門には、仁王さんと梵鐘が
あり、仁王門と鐘楼門が一緒になった門です。

境内に入って左の奥に本堂があり、その前には柵で行き止まりになった石段があります。昔は、
こちらが正面だったのかも。

お詣りを終えて石段を下り、椿堂へ向かおうと歩き出すと、地図を見ながらキョロキョロしている若い
男性遍路に、雲辺寺への道を尋ねられ、この道で合っていることを話して、しばらく話しながら一緒に
歩きましたが、歩くペースが違うので先に行ってもらうことにしました。