四国遍路 同行二人 今治遍路道

                                                   

    


前日、フェリーで東予に上がり、横峰寺から前神寺を経て西条まで歩き、今治に移動して宿泊。

11月22日 今治駅を6時6分に出る伊予西条行きに乗車。約7分で伊予桜井に到着。ここから、
国道196号を歩いて伊予小松を目出します。

途中、道の駅に立ち寄ると、休憩所に2台の手押し車があり、お遍路さんが休んでいました。野宿を
しながら二人で巡っているようです。衣装ケースに生活用品を詰め込んでいました。

歩き始めて1時間10分、小さな峠を越えると東予市に入り、久しぶりに左手に海が見えてきます。
曇っているせいか、瀬戸内の明るいイメージはありません。

8時7分 大明神川に架かる橋を渡りますが、流れが全くありません。何時も渇水状態のようです。

9時23分 広江川付近で側道に入ると「天然記念物カブトガニ繁殖地」の碑があります。ただ、
付近は畑が広がっているだけで、海岸線は遙かに先の方です。こんな所に生息しているのかな。

国道から左に別れて県道を越えると、中山川に架かる古びた橋が見えてきます。たもとには「2t」と
書かれた標識があり、入口には車止めが置かれています。橋の欄干は、アーチ形の窓が並んだ
ようはデザインですが、ところどころ、ヒビが入っているように見え、歴史を感じさせます。

橋を渡って住宅街を15分ほど歩き、10時1分、小松駅に到着。直ぐに列車が来たので飛び乗り、
西条駅で下車。高速バスを利用するつもりでしたが、待ち時間が1時間以上もあり、しかも、JRの
方が先に出るので、特急と新幹線を利用することにしました。高速バスは4700円。JRだと約倍の
9750円。東予からフェリーを利用すると6000円。この辺りからの帰阪は、選択肢があるだけに
迷います。