四国遍路 同行二人 仙人伝説の仙遊寺


      


札所を出て犬塚池の横を通ってアスファルト道を上ると、35分ほどで立派な仁王門が現れます。
さらに10分ほど石段を登ると、山上にある境内に辿り着きます。車の場合、仁王門をくぐることなく、
そのまま、本堂裏の駐車場まで上ってしまいます。遍路はやっぱり「下馬」でないと・・・。

境内は山上のわりには思ったより広く、ゆったりとした感じます。本堂、大師堂とお参りしたあと、
本堂に戻って御朱印を戴き、境内を散策して写真を撮っていると、本堂の裏で写真集を販売している
僧侶に声を掛けられました。はじめは、高価な本を売りつけているのかなと、勘ぐりましたが、境内で
そんなことは出来ないしなぁ〜。高野山にある?院(忘れました)の僧侶だそうです。

駐車場横のトイレを借りた後、本堂まで戻って、ふと右手を見ると、足湯の看板が目に留まりました。
中をのぞいてみると人影はありません。案内を見ると、お湯を張る日が決まっているようです。足湯に
入ることは出来ませんでしたが、ここからの眺めは最高です。3巡目の楽しみが、また出来ました。

石段を下り、12時35分 仁王門をでました。