四国遍路 同行二人 宝永の梵鐘 延命寺


    


6時11分 今治駅発の松山行きに乗車。10分ほどで大西駅に到着します。駅を出て町中の
遍路道を歩くと、直ぐに国道に出ます。ちょうど角っこにコンビニがあったので、朝食用のパンと
飲み物を調達。遍路道は途中で国道から別れ、しばらく歩くと延命寺参道と書かれた石柱が
あらわれます。

7時21分 延命寺着。仁王門をくぐると、先にまた山門があり、駐車場の側らには、宝永元年に
鋳造されたという梵鐘があります。境内にも鐘楼があり、往時の寺勢が伺えます。
境内に入ると、真正面に本堂があり、左手の石段を登ったところに、大師堂があります。
朝早いせいか、参拝する人は少なく、こぢんまりとした境内は、静かな時が流れています。

お参りの後、売店内の納経所で御朱印を頂き、境内の写真を一通り撮影。鐘楼の前には、
旧へんろ道の案内板があります。へんろ地図と見比べると、チッと違う気がしますが、実際に
歩いてみると、要所要所に案内板があり、迷うことなく霊園の手前までは歩けます。ただ、
霊園へは、細い石段を登るのですが、遍路マークを見落とすと、遠回りになります。