四国遍路 同行二人 大師の名水 西林寺


       


八坂寺から10分チョットで文殊院に着きます。遍路の元祖「衛門三郎」の屋敷跡に建てられたとか。
さらに20分ほど歩いたところに札始大師堂があり、衛門三郎が最初に札を収めたところだそうです。
と言うことは、ここから遍路を始める人もいるのかな。
県道40号に出て北へ進み、重信川を渡って高速の下をくぐると、すぐに西林寺です。

11時30分 立派な仁王門の西林寺に到着。境内に入ると正面に大きな屋根の本堂があります。
右隣の大師堂は、最近建て替えられたようで、真新しくなっていました。お遍路さんが周りを囲み、
般若心経を唱えています。

お参りと納経を済ませ、境内の写真を一通り撮って、53分仁王門を出ました。