四国遍路 同行二人 松尾峠越え 菩提の道場へ


    


5月4日 ゴールデンウィークを利用して、しまんとブルーラーナーで四国入り。前回は延光寺で
区切ったので、三原分岐で下車して宿毛まで歩くことも考えたのですが、今回はちょっとズルを
して宿毛から歩くことにしました。

7時50分宿毛駅着。私の他に女性のお遍路さんが一人下車しましたが、遍路道から外れている
せいか、他にはお遍路さんの姿はありません。駅舎の待合室で白衣に着替え、持参していたパンを
食べて、8時10分 観自在寺を目指して出発。
10分ほどで、宿毛貝塚跡に到着。私の地元でも貝塚と言う地名がありますが、ここは4000年前の
縄文時代のゴミ捨て場だそうです。

9時6分 松尾坂口番所跡に到着。ここは戦国末期から設置されていたとあり、400年以上前は、
1日に200人くらいが往来したそうですが、今日は何人くらいが通るのでしょうか。

9時57分 松尾峠着。道中、お遍路さんには全く出会いませんでしたが、ここで6人のお遍路さんと
出会いました。休憩所で会ったのは、ドイツから来たご夫婦で、二人とも30キロ近い荷物を背負って
巡っているそうです。5分ほど休憩し、二人の男性遍路に続いて出発。

愛媛県側の遍路道は高知県側と違って、よく整備された緩やかな下り道が続きます。40分ほどで
小山御番所跡に到着。今は井戸しか残っていないそうです。

11時9分 一本松の松尾大師で5分ほど休憩。真新しいお堂が建っていました。平成21年3月に
建立されたそうです。ここからしばらくの間、国道56号を西に歩きます。曇りがちでしたが時折雲が
切れて、南国の強い日差しが容赦なく照りつけます。12時57分 城辺バス停を通過。

城辺町の商店街を歩き、僧都川を渡って13時25分 御荘 観自在寺の参道前に到着。