四国遍路 同行二人 最後の修行の道場 延光寺



          

         

3月21日 叶崎から10時間がかりで、修行の道場 最後の札所 延光寺にたどり着きました。
金剛福寺を出て3日がかりの道のりですが、私の場合は、約4ヶ月ぶりの札所です。

仁王門をくぐり、それほど広くない境内に入ると、甲羅の上に鐘を乗せた大きな亀が目に入り、
取り敢えず写真を一枚。竜宮伝説は、この辺りの話なのでしょうか。

仁王門から続く石畳を歩いて本堂へ向かい、久しぶりのお参りをします。午後3時を回ったせいか、
お遍路さんの姿は少なく静かな境内です。

すぐ左手にある大師堂にお参りした後、目洗い井戸で、極度の近眼と乱視に加えて、最近、老眼も
進んでいる目を、何とかしてもらおうとお願いしてみました。

境内の写真を撮り、納経所で朱印をいただいて前のベンチで休んでいると、昨日、叶崎の民宿で
同宿だったカートのオジサンと再会。6時半に出て先ほど着いたとのことなので、私より1時間も
速いペースで歩いたことになります。例のカートを引いていなかったので聞いてみると、宿毛の宿に
預けてきたとのこと。カートにもなるリュックは、町歩きの時は楽そうなので試してみるかな。

15時32分 宿毛駅を目指して出発。15分ほどで国道に出たのですが、足が重くこの時間から
宿毛まで歩く気にならず、迷った末、左折して平田駅へ向かいました。

16時22分初の窪川行きに乗車。中村までの運賃は460円。車内で切符を買うと、伝票のような
乗車券を渡されたので記念にパチリ。

今回も夜行バスで帰阪しますが、待ち時間は4時間半。駅から少し歩いたところにある、セルフの
うどん屋で、うどん2玉に揚げ物をトッピング。夕食を済ませた後、駅の待合室で白衣を脱ぎ、杖を
しまって今回の遍路を終えました。21時15分 しまんとブルーラーナーに乗車。