四国遍路 同行二人 大坂谷遍路道


    


10月31日 22時35分。仕事を終えて難波バスターミナルから、しまんとブルーライナーに乗車。
座席番号が29番だったので、最後尾の席と思って乗り込んだら、なんと二人がけシートでビックリ。
高知西南交通の続行車は、4列とネットに書いてあったことを思い出す。そう言えば料金も500円
安かったなぁ。窓側の席だったので、隣の男性に「須崎で降りるので席を替わっておきましょうか」
と、声をかけたのですが、「起きているので大丈夫ですよ」との返事。まぁ、いいか。

さすがに2列シートは窮屈で身動きが出来ません。よく眠れないまま、翌朝5時頃に須崎西に到着。
降りるのは私一人かと思っていたら、三宮から乗り込んできたお遍路さんも下車。行程を伺うと、
佐賀温泉まで歩くとのことで、あっと言う間に姿が見えなくなりました。50キロ近くあるのかな。

6時55分 JRの線路を跨いで、いよいよ焼坂峠遍路道に入ります。最初の遍路では日程の関係で
国道56号のトンネルを歩きましたが、今回は岩本寺の近くに宿を取ったので、納経所の時間に
間に合わなくても、翌日の行程に大きな影響はありません。峠を少しくだった辺りで、お遍路さんに
追いつきました。広島の無口な男性は、通し打ちだそうです。

峠を下ってくると、突然広大な工事現場が目の前に現れます。四国横断自動車道の中村線です。
現場の一角にお遍路さんの休憩所が設けられていましたが、ちょっと複雑な気持ちで通過。

8時54分 そえみみず遍路道との分岐に到着。遍路道の通行止めを知らせる大きな看板があり、
警備員さんも立っていました。お疲れ様です。今回も大坂谷を進み、一気に七子峠を越えます。
途中、久礼の商店街で数人のお遍路さんと出会いました。お弁当が出来上がってくるのを待って
いるそうです。この先は峠の茶屋か窪川の道の駅まで、食料を調達出来るところがありません。
私は前日、コンビニでパンを調達しておきました。あと、ザックには保存食も入っています。

大坂谷をつめて、10時過ぎに、また工事現場に出会いました。谷筋の両側に2本の橋脚が立ち、
何れ、橋桁がかかって自動車道が完成します。11時過ぎに七子峠に到着。展望台からは、2本の
橋脚が遠くに見えています。3巡目で見るときには、きっと完成していることでしょう。もしかしたら、
歩けなくなって、巡拝バスの車窓から峠を見ているかもしれませんね。

12時過 影野のへんろ小屋で休憩。この辺りは四万十源流合衆国だそうです。40分くらい歩いた
ところに、コンビニがあったのでアイスと豆菓子を購入。レジで精算していると、奥にいた店員さんが
ペットボトルのお茶を持ってきて、お接待ですと言って手渡してくれました。感謝。ここは、第8版の
遍路地図には載っていませんが、6版には載っていました。

14時 道の駅あぐり窪川着。天気が良くて意外と暑かったので、ソフトクリームを買って、また休憩。
ここまで来ると先が読めて、余裕が出てきました。予定より1時間くらい早く着けそうです。

14時54分 商店街を通って岩本寺に到着。最初の遍路では、窪川トンネルの手前にある三叉路で
標識を見て、真っ直ぐ歩いてしまいました。よく考えると、あの標識は車のためのモノでした。