四国遍路 同行二人 浦の内遍路道


    


10時47分 青龍寺を出発。2巡目は横浪遍路道を歩こうと思っていたのですが、ネットで調べると
アップダウンが多く時間が読めないため、行程を考えて最初の遍路で歩いた、浦の内遍路道を歩く
ことにしました。横浪は3巡目にお預けかな。

宇佐へ向かって歩いていると、今朝の女性遍路と黒装束の男性遍路に相次いで再会。お互いの
この先の無事を念じて別れました。宇佐大橋を渡り、50分ほどで高知県交通のバス停に到着。
待合室でちょっと早めの昼食をとります。このコースは途中にコンビニが無く、商店も開いている
保証がないので、宇佐へ入る前にコンビニで買い込んでおきました。
しばらくして二人のお遍路さんが到着。須崎までバスで向かうとのこと。時刻表を見ると日に5便。
次のバスまでは2時間以上の待ち時間があります。公共の交通機関だけを利用して巡る遍路も、
意外と時間がかかりそうですね。

12時46分 深浦簡易局の前でちょうど逆打ちのお遍路さんと会い、ソファーに座ってちょっと休憩。
逆打ちは大勢のお遍路さんと会えるが、すれ違いざまの挨拶のみで、時々空しさを感じるそうで、
座り込んで10分近く話をすることは滅多にないとのこと。会う度に話し込んでると何時までたっても
結願出来ませんね。

13時15分 浦の内小へ向かう坂道の途中で、わら干しの風景を見つけました。ガードレールに
干されています。この辺りでは当たり前の風景なのでしょうね。14時 ポンカンの里立目を通過。

14時34分 民宿さざなみに到着。と言っても今回は泊まりませんが、最初の遍路でお世話になった
中で、印象に残っている宿の一つです。
しばらくして、須崎行きのバスがゆっくりと追い越していきます。車窓からは先ほどのお遍路さんが
手を振っています。気付いてくれたようです。もう会うことは無いけど、これが遍路かも・・・。感謝。

15時18分 横浪遍路道との合流点。人影はおろか車も滅多に通りません。
16時 須崎の遍路小屋へで5分ほど休憩。ここまで来ると先が見えてきました。予定より早く須崎に
着けそうです。小屋を出ようとすると、入れ替わるように一人のお遍路さんがやってきました。
お互い、会釈のみで別れます。これも遍路の出会いかぁ・・・。

16時33分 セメント工場前を通過。大峰橋を渡って大間水門で遍路道を外れ、線路沿いに駅を
目指します。

17時17分 須崎駅到着。トイレを借りて駅舎に入ると、20分発の列車が待っています。予定より
1本早いけど、切符を買って飛び乗り、車内で白衣を脱ぎ、二日間の遍路を終えました。
高知まで戻り、23時20分発の梅田行きに乗車。

今日は40キロの歩きでしたが、意外と楽に歩くことが出来ました。同行二人 大師に感謝。