四国遍路 同行二人 海の守り神 青龍寺


    


ホテルで荷物を受け取り、塚地坂トンネルに向かって歩いていると、前からきた車が私の横で停車し、
トンネルで事故があったので通行止めですよと教えてくれました。「遠回りになるので乗りますか?」と
誘われましたが、「通れないときは山越えします。」と言ってお断りしました。感謝。しばらくあること、
道路中央にパトカーを止めて、警察官が迂回するように誘導しています。歩いて通れるのか聞くと、
大丈夫とのこと。よかった、山越えしないですんだぞ。

トンネル手前の大師の泉で休憩し、トンネルに入ると、数人が清掃しているだけで、事故処理は既に
終わっていました。しばらくは静かなトンネル歩きでしたが、前後から騒音が迫ってきて車が次々と
通りすぎます。平成の遍路はトンネル歩きも修行の内でしょうか。

宇佐大橋を超え、10時15分 青龍寺着。先に納経所で御朱印を頂き、長〜い石段を登って本堂へ。
おしゃべりをしながら石段を登るお遍路さん。大師堂の前で二重の列を作ってお経を唱えるお遍路さん。
私も列の後ろに並んで便乗させていただきました。

石段を下り、右手にある鐘楼門の写真を撮った後、「工房 花虫八放」でちょっと休憩。店の前には
お遍路さんのためのテーブルとイスが用意されています。今日はこれから約25キロ先の須崎まで
歩きます。ちょっとのつもりが、結局10分以上休ませていただきました。感謝。

10時47分 須崎駅を目指して寺を後にします。