四国遍路 同行二人 「子育て観音」 種間寺


    


長閑な田園風景の中を1時間ちょっと歩いて、14時13分に種間寺に到着。広々とした境内に
入ると、二人の女の子が駆け寄ってきて、「お接待です」と言って、布製の袋を渡されました。
端布を縫い合わせた袋の中には、折り紙と数個の飴。子供たちが小さい手で折ったのかな。
女の子が駆けていった先をみると、数人のおばさんと子供たちが集まっていました。みんなで
お遍路さんが到着するのを待っているようです。

ここも仁王門が無く、開放的で広くて明るい札所です。境内には数人のお遍路さんと観光客の
姿があり、大師堂では少し待ってお参り。
納経所で朱印を頂き、トイレを借りて山門を出ようとすると、ちょうど、巡拝バスが到着。大勢の
お遍路さんが降りてくると、子供たちが、先を争うようにお遍路さんに駆け寄り、先ほどの袋を
みんなに手渡していました。たくさん作ったのでしょうか。

山門を出て向の休憩所で飲み物を買っていると、先ほどの二人もちょうど出かけるところでした。
休憩なしで清滝寺まで歩くのかな。私は10分ほど休憩し、14時46分 出発。

1時間ほど歩いて仁淀川に到着。江戸時代の仁淀川以西はどの様な所だったのかな。
ここはかなり大きな橋で、渡りきるのに5分くらいかかります。その間、大型車が通り過ぎるたびに
足下から揺れが伝わってきました。
途中、サニーマートによって、明日の食料と飲み物を調達し、16時43分ホテルに到着。