四国遍路 同行二人 忘れられた仁王門 恩山寺


    


府中駅を6時過ぎに出発し、4時間チョットで約16キロ離れた恩山寺へ到着。
仁王門は車道から少し離れているので、車で来たお遍路さんは門を通らずに
お参りすることになります。
最初の遍路で目にしたときよりも痛みが進んでいるような気がします。
忘れられた仁王門は静かに朽ちていくのでしょうか。

駐車場から石段を数段登って直ぐのところに水屋があり手を清めます。
ここまで4時間以上歩いてきたので、大師堂の傍らにあるベンチでチョット休憩。
左手に大師堂がありますが、先ず正面の石段を登って本堂へ向かいます。
途中に鐘がありすが、ここでも突くのは控えておきます。登り切ったところに
本堂がありますが、山の中腹にあるせいか、こぢんまりとしていました。

石段を下って大師堂へ向かうと、ちょうど老夫婦がお参りしているところでした。
御朱印を頂いてベンチへ戻ってくると、先ほどの老夫婦が休んでおられたので
挨拶をすると、バスを利用して巡っていると話され、次の立江寺方面のバスまで
時間がたっぷりあるので、ゆっくりしていくと話されました。

10時55分 立江寺を目指して出発。