四国遍路 登れ333段 切幡寺

  

平成19年7月1日
法輪寺から20分余り歩いた辺りで、小豆洗大師の立て札を見つけたのですが、何故かお堂が
見あたりません。かなり古くなっていたので建て替えでもするのかなぁ。
さらに30分くらい歩いた坂道で、遠くに見えてきた仁王門にビックリ。新しくなってる!!!。
3年前にお参りしたときには、朽ちてボロボロでした。さらに近づいてみると仁王さんがいません。

11時46分 切幡寺は仁王門からが大変です。333段の石段を登ってやっと本堂の前に出ます。
3年前はもっと軽快に登れたのになぁ。今年は山歩きにもほとんど行ってないので体力不足か。
山の中腹にあるせいか、本堂、大師堂、方丈などが寄り添うように建てられています。
お参りした後、納経所のベンチで休憩していると雨が降り出しました。ちょっと様子を見るかな。
20分ほどで上がったので、長〜い石段を下って阿波川島駅を目指します。結局1時間いたのかぁ。