熊野古道7 山中渓から布施屋駅へ

①県境

10時6分 和歌山県へ入ります。高架橋の下に「日本最後の敵討ち場」の碑がありました。今から約150年前の出来事です。


和歌山県に入って直ぐに滝畑地区へ入る道があり、踏切を渡ってすぐの所に中山王子跡の碑があります。滝畑集落を歩いたあと県道64号に戻り、峠の不動明王まで約30分のダラダラとした登りが続きます。峠を過ぎると一転急な下りとなり、20分ほど歩くと三叉路があり、県道から別れて左に入ります。


11時2分 山口王子跡。ガードレールに囲まれるように、石碑と万葉歌碑が並んでいました。日陰があったので、チョット休憩。人も車も通らない静かな裏道です。

より大きな地図で 中山王子跡 を表示

②中山王子跡

より大きな地図で 山口王子跡 を表示

③山口王子跡

④山口神社


小野寺跡を過ぎて路地に入り、県道を横切ってミカン畑の中を歩きます。結構距離があり途中で不安になりますが、鳥居が現れ一安心。山口神社に着きます。

山口神社から南に歩くと県道7号に出ます。角にコンビニがあったのでオニギリとアイスを購入し、前のベンチで休憩。ここから県道7号を西に向かいますが、交通量が多いわりに歩道が無く危険です。


12時17分 川辺王子跡。修理工場を過ぎて左に曲がり、民家の間を縫うようにして歩きます。

⑤川辺王子跡

より大きな地図で 川辺王子跡・中村王子跡 を表示

ネットで手に入れた地図を見ながら歩いていたのですが、何処で間違ったのか道に迷ってしまいました。キョロキョロしていると、軽トラックのオジサンから、熊野古道を歩いているのかと声を掛けられ、曲がるところを間違えていると、曲がり角の目印を教えてもらう始末。20分ほどウロウロして熊野古道に戻ることが出来ました。


13時 中村王子跡。ここには碑が無く、田んぼの前に説明板があるだけです。

より大きな地図で 川辺王子跡・中村王子跡 を表示

⑥中村王子跡

5分ほどで力侍神社に着きます。鳥居の前に川辺王子跡の石碑が立っています。平安の後期から鎌倉時代のことなので、跡地は定かでないようですが、間違いなく、多くの人がこの辺りを歩いて熊野三山を目指したのでしょう。


国道24号を横切って紀ノ川沿いを少し歩き、川辺橋を渡ります。


14時23分 吐前王子跡。田んぼの前に石碑と説明板がポツンとあるだけです。

⑦力侍神社

⑧川辺橋

より大きな地図で 吐前王子跡 を表示

⑨吐前王子跡


BACK TOP NEXT